デリケートゾーンの黒ずみ解消にハイドロキノンを使うのは危険?

ハイドロキノンってどんなもの?

美白に力を入れているという人なら「ハイドロキノン」という成分の名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。「肌の漂白剤」という呼ばれ方をすることもあるほど黒ずみやシミに効果のある薬品です。最近では市販の顔用化粧品でもハイドロキノンが配合されているものも販売されていますが、デリケートゾーンの黒ずみ解消にも使うことができるのでしょうか?

ハイドロキノンは黒ずみにどのように作用するの?

ハイドロキノンはシミや黒ずみの原因であるメラニン色素を作り出す細胞に直接働きかけることができる成分です。ハイドロキノンはメラニン色素を作り出しているメラノサイトという細胞に直接働きかけることで、メラノサイト自体の数を減らします。原因を作り出す細胞自体が減るので、結果として作られるメラニン色素も減り、シミや黒ずみができにくくなるという仕組みです。その効果はビタミンC誘導体やプラセンタよりも優れており、非常に高い美白効果が期待できます。

デリケートゾーンの黒ずみにもハイドロキノンは効果があるの?

高い美白効果のあるハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみ改善にも有効な成分です。しかし、デリケートゾーンに使う場合には非常に慎重になる必要があります。ハイドロキノンは効果が高い反面、刺激が強いため赤みやかぶれを起こしてしまう可能性があります。加えて、デリケートゾーンはホルモンバランスの影響を受けやすい場所でもあるため、ホルモンバランスが崩れて皮膚が敏感になっている時に使用すると炎症やかぶれをより起こしやすくなります。肌が刺激を受けるとメラニン色素が作られやすくなってしまうため、肌の色を薄くする為に塗っても、却って刺激によって色素が沈着しやすくなってしまう恐れもあります。また、強い副作用として皮膚の一部が白く色が抜けてしまう「白斑」ができてしまうことがあります。白斑は一度できてしまうと治療するのが難しく、残ってしまう可能性が高くなります。

デリケートゾーンに使用する際には医師に相談を

優れた薬品であるハイドロキノンですが、刺激が強く副作用もある薬なので使用する際には医師とよく相談してから使うようにしましょう。また、デリケートゾーンの中でも特に粘膜に近いIラインへの使用は医師の中でも使用しないようにと注意する人が多くいます。粘膜に吸収されてしまうと、すぐに洗い直してもかゆみや痛みが出てくることがあり、生活に支障が出る恐れもあるため使用するのであればVラインのみに限定することをお勧めします。市販の顔用美白化粧品にもハイドロキノンが配合されているものも多くありますが、それらを使うと思わぬ肌トラブルを引き起こす可能性があります。そのため、必ず皮膚科を受診して医師から処方された薬の使用方法を守って使うことが大切です。デリケートゾーンに使用する場合、刺激ができるだけ少ないものが処方されるため、効果が出るまでに少なくとも半年程度の時間を見る必要があります。