デリケートゾーンの黒ずみ解消にハイドロキノンを使うのは危険?

ハイドロキノンってどんなもの?

美白に力を入れているという人なら「ハイドロキノン」という成分の名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。「肌の漂白剤」という呼ばれ方をすることもあるほど黒ずみやシミに効果のある薬品です。最近では市販の顔用化粧品でもハイドロキノンが配合されているものも販売されていますが、デリケートゾーンの黒ずみ解消にも使うことができるのでしょうか?

ハイドロキノンは黒ずみにどのように作用するの?

ハイドロキノンはシミや黒ずみの原因であるメラニン色素を作り出す細胞に直接働きかけることができる成分です。ハイドロキノンはメラニン色素を作り出しているメラノサイトという細胞に直接働きかけることで、メラノサイト自体の数を減らします。原因を作り出す細胞自体が減るので、結果として作られるメラニン色素も減り、シミや黒ずみができにくくなるという仕組みです。その効果はビタミンC誘導体やプラセンタよりも優れており、非常に高い美白効果が期待できます。

デリケートゾーンの黒ずみにもハイドロキノンは効果があるの?

高い美白効果のあるハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみ改善にも有効な成分です。しかし、デリケートゾーンに使う場合には非常に慎重になる必要があります。ハイドロキノンは効果が高い反面、刺激が強いため赤みやかぶれを起こしてしまう可能性があります。加えて、デリケートゾーンはホルモンバランスの影響を受けやすい場所でもあるため、ホルモンバランスが崩れて皮膚が敏感になっている時に使用すると炎症やかぶれをより起こしやすくなります。肌が刺激を受けるとメラニン色素が作られやすくなってしまうため、肌の色を薄くする為に塗っても、却って刺激によって色素が沈着しやすくなってしまう恐れもあります。また、強い副作用として皮膚の一部が白く色が抜けてしまう「白斑」ができてしまうことがあります。白斑は一度できてしまうと治療するのが難しく、残ってしまう可能性が高くなります。

デリケートゾーンに使用する際には医師に相談を

優れた薬品であるハイドロキノンですが、刺激が強く副作用もある薬なので使用する際には医師とよく相談してから使うようにしましょう。また、デリケートゾーンの中でも特に粘膜に近いIラインへの使用は医師の中でも使用しないようにと注意する人が多くいます。粘膜に吸収されてしまうと、すぐに洗い直してもかゆみや痛みが出てくることがあり、生活に支障が出る恐れもあるため使用するのであればVラインのみに限定することをお勧めします。市販の顔用美白化粧品にもハイドロキノンが配合されているものも多くありますが、それらを使うと思わぬ肌トラブルを引き起こす可能性があります。そのため、必ず皮膚科を受診して医師から処方された薬の使用方法を守って使うことが大切です。デリケートゾーンに使用する場合、刺激ができるだけ少ないものが処方されるため、効果が出るまでに少なくとも半年程度の時間を見る必要があります。

デリケートゾーンの黒ずみを解消してくれる栄養素とは

正しい食事方法が黒ずみ予防に繋がる

デリケートゾーンの黒ずみには、美白クリームを塗ってメラニン色素を薄めるという方法やレーザー光線を照射してメラノサイトを減らすという解消方法が挙げられます。その代り、例えそれらの方法でデリケートゾーンの黒ずみが解消できたとはいっても、今後も再び発生しないとは限りません。例えば下着による締め付けや摩擦、あるいはアンダーヘアーの処理による刺激などが度重なると、再びデリケートゾーンは黒ずんでしまいます。ただし、そうしたデリケートゾーンの黒ずみ以外にも見逃してはいけない予防方法というのがあります。それは、正しい食事方法によるデリケートソーンの黒ずみ予防です。それでは、どうして食事によってデリケートゾーンの黒ずみが予防できるのでしょうか。それには、ターンオーバーの仕組みが絡んでいるのです。例えば、ターンオーバーサイクルが乱れると、皮膚の黒ずみの原因でもあるメラニン色素が垢としてうまく排出されないという問題が発生します。そのためターンオーバーサイクルを常に正常に保つということも大切なのです。そのターンオーバーサイクルを正常に保つための一つの方法として、正しい食事というのが挙げられます。

ターンオーバーサイクルを正常に保つのに重要なタンパク質

そこで、具体的にどのような食べ物というか栄養素がターンオーバーサイクルを正常に保つのに効果があるのかということについてご紹介いたします。それには、まずはタンパク質を十分に取ることが大切です。とくにタンパク質は、脂肪・炭水化物と並んで三大栄養素にも入っている重要な栄養素です。おまけに、骨や筋肉・内蔵など人間の重要な身体のパーツは、全てタンパク質でできています。それに皮膚細胞はタンパク質でできているので、皮膚細胞のターンオーバーサイクルにも当然のことながら大きな影響をもたらす成分でもあるといえます。もっと具体的に申しますと、タンパク質が不足してしまうとターンオーバーサイクルが乱れてしまうという結果に繋がります。ちなみにタンパク質には、動物性タンパク質と植物性タンパク質とがあります。例えば動物性タンパク質の代表的なものには肉類や魚介類が挙げられます。一方、植物性タンパク質には大豆などの豆類やジャガイモなどのイモ類が挙げられます。

タンパク質以外にビタミン類も重要

さらに、タンパク質以外にビタミン類も重要です。その中でもとくに、ビタミンCとビタミンAは重要です。もう少し具体的に説明をすると、ビタミンCは私たちの皮膚が酸化しないように、皮膚の新陳代謝を促す働きがあります。おまけに、美肌に欠かせないコラーゲンの生成も促してくれます。それからビタミンAについても、ターンオーバーサイクルを正常に保つ働きや美肌効果があります。それらビタミンCとビタミンAという栄養素を多く含んだ食べ物としては、ブロッコリーや赤ピーマン、ニンジンやカボチャなどが挙げられます。デリケートゾーンの黒ずみを予防する栄養素として、ビタミン類についてはビタミンAとビタミンCだけではありません。さらには、ビタミンE・ビタミンB2・ビタミンB6も大切です。例えばビタミンEは、別名では若返りのビタミンとも呼ばれています。要するに、抗酸化作用が高いので皮膚細胞がサビつくのを防いでくれる働きがあるのです。従って、ビタミンCと同様の効果が期待できるということになります。またビタミンB2は、健康な新しい細胞を作るのには欠かせない栄養素です。ということは、ターンオーバーサイクルが正常に機能するように助けてくれるという役目があるということです。それからビタミンB6は、タンパク質の代謝に必要不可欠な補助酵素の役目があります。そしてこうしたビタミン類は、野菜に多く含まれているので野菜嫌いの方は要注意です。その他にも、ミネラル成分の亜鉛もターンオーバーの正常化や活性化には大切な栄養素といえます。こうしたターンオーバーサイクルに直接影響する栄養素をご紹介しましたが、ここでご紹介していない栄養素の中にも重要な栄養素は沢山あります。そのため、偏食をせずに万遍なく様々な栄養素を取るということがポイントといえます。

クリニックのデリケートゾーンの黒ずみ治療には2通りある

塗り薬による治療方法

クリニックでデリケートゾーンの黒ずみを治療してもらうと、ハイドロキノンと呼ばれる美白効果の高い薬を処方されることがあります。とくにクリニックで処方される濃度が5%以上のハイドロキノンは、刺激性が強い成分でもあるので副作用などの注意が必要です。ちなみに、市販薬の中にもハイドロキノンが配合された美白クリームはありますが、厚生労働省が定めている薬事法によって4%以下と限定されています。しかもハイドロキノンの副作用については、塗った箇所が赤くかぶれたり白斑などの症状があるといわれています。とくにデリケートゾーンは、身体の中でも角質層が最も薄い部分といわれており、例えクリニックから処方された薬であっても注意が必要です。ところでデリケートゾーンにはVラインとIライン・Oラインとがありますが、Iラインは膣や尿道口など身体の内部に繋がる部分があるので、刺激性の強いハイドロキノンは使用しないほうがよいといわれています。それに、ネット通販などではハイドロキノンよりも刺激の少ない美白商品が数多く販売されています。こうした美白商品には、ハイドロキノンに代わる美白成分・トラネキサム酸や保湿成分・ヒアルロン酸ナトリウムなどが使われています。こうした成分はどれもハイドロキノンのような副作用の心配は要りません。その代わり医薬部外品でもあるので、美白効果に関しては口コミ評価も高い商品が数多くあります。

レーザー光線を照射する治療方法

クリニックには、塗り薬以外にもレーザー光線を照射してデリケートゾーンの黒ずみを解消するという治療方法があります。このレーザー光線を照射して黒ずみを解消するという治療方法の大まかな仕組みですが、レーザー光線が皮膚の深い部分にまで浸透して、黒ずみの原因ともなっているメラニン色素を破壊してくれます。こうしてレーザー光線によって破壊されたメラニン色素は、ターンオーバーによって皮膚の表面まで浮き出てやがて剥がれ落ちるようになっています。その代り、1回のレーザー治療でメラニン色素が破壊されるということはまずあり得ません。そのため、レーザー光線の治療を複数回繰り返し受けることによって、黒ずみを薄くしていくというのがレーザー光線による治療コースとなっています。ただしこうしたレーザー治療を受けると、その後半永久的にデリケートゾーンが黒ずまなくなるのかといえばそうではありません。やはりレーザー治療というのは、すでに発生してしまった黒ずみを解消するものであって予防する治療方法ではありません。そうなると、今後下着による締め付けや摩擦あるいはアンダーラインの処理などによる刺激が加わると、再びデリケートゾーンが黒ずんでしまうという可能性があります。そういう意味では、今後デリケートゾーンが黒ずまないようにケアをしていくということも大切です。

レーザー治療の種類

レーザー治療には、メドライトC6と呼ばれる最新医療レーザー機器を使ったレーザートーニングという治療方法とインティマレーザーと呼ばれる最新医療レーザー機器を使った治療方法の2通りがあります。いずれの治療方法にもそれぞれ特徴がありますが、大きな特徴を挙げてみると例えばレーザートーニングの場合には麻酔をしません。その代り、輪ゴムをパチンと皮膚に当てたような瞬間的な痛みは発生します。一方、インティマレーザーの場合には、麻酔クリームをあらかじめ塗っておいて、そこにレーザー光線を照射しながら皮膚の角質を削り取っていくという治療方法になります。またその効果については、レーザートーニングはデリケートゾーンの黒ずみを解消するという程度に過ぎません。そしてインティマレーザーの場合には、デリケートゾーンの黒ずみを解消するというだけでなく、尿漏れや膣壁の緩みを解消したりすることも可能です。どちらも大変効果の高い治療方法なので、希望される用途に応じて使い分けるということがよろしいかと思います。

デリケートゾーンの黒ずみには口コミで人気の高い石鹸がお勧め

かゆみや黒ずみなどトラブルが多いデリケートゾーン

女性のデリケートゾーンというのは、男性とは違って何かとトラブルが起きやすい部分でもあります。とくに夏の季節になると、汗だけではなく補正下着やパンストなどでも蒸れやすくなっています。そうなると、デリケートゾーンの皮膚がかぶれたり、酷い時にはカンジタ症になってしまう場合もあります。ちなみにカンジタ症というのは、性病ではありません。酵母カビの一種で、風邪やストレス・寝不足や過労などでよく発生しやすい症状です。それから生理の時などは、生理用ナプキンや生理用下着などで蒸れやすく敏感になっています。ただし、かゆいからといって指の腹や爪でガリガリとかいてしまうと、皮膚が傷付いて炎症を起す恐れがあります。そうしたかきすぎによる炎症というのは、足や手などを蚊にさされてかゆいからといってかいた時には誰もがよく経験することです。とりわけデリケートゾーンというのは、身体のどこの部分よりも皮膚の角質層が薄くなっています。そのため、かゆいからといってついかきすぎてしまうと、炎症だけでなくメラニン色素が過剰に分泌されるということにもなりかねません。こうしたメラニン色素が過剰に分泌されると、皮膚が黒ずんでしまうといわれています。

デリケートゾーン専用の石鹸と一般の石鹸との違い

夏の季節のデリケートゾーンは、汗で蒸れやすくなったりカンジタ症になりやすいので清潔にしておく必要があります。そこで、お風呂に入った際にデリケートゾーンを洗う石鹸についてですが、一般の石鹸よりもデリケートゾーン専用の石鹸を使うようにするのがよりベターです。それでは、デリケートゾーン専用の石鹸と一般の石鹸との違いは何だと思いますか。それは、弱酸性とアルカリ性の違いです。普通、顔や身体を洗う石鹸はアルカリ性なのですが、デリケートゾーンを洗う石鹸は弱酸性がよいとされています。それは何故なのかと申しますと、デリケートゾーンは尿やオリモノなどが出てくる部分なので、常にアルカリ性の状態になっています。その状態の上、さらにアルカリ性の石鹸を使ってしまうと、膣周辺に常駐している常在菌を洗い落してしまうことに繋がってしまいます。ちなみに膣周辺や膣内部にいる常在菌は、ばい菌が侵入しないように守ってくれている良い菌なのです。とくに表皮ブドウ菌は、常在菌を代表するものとして有名です。しかも人間の身体というのは、とても不思議なところがあるのです。皮膚の怪我をしてもターミネーターのように元に回復するような仕組みになっています。あるいは、膣の中にも自浄作用というものがあるので、例え常在菌が常駐していても清潔さを保つことができるようになっているのです。従って、そんな良い菌をアルカリ性の石鹸で洗い流してしまうと、デリケートゾーンの臭いが強くなってしまったり、肌への負担がよりかかってしまい黒ずみの原因にもなります。そうしたことから、デリケートゾーン専用の石鹸がお勧めです。とくにデリケートゾーン専用の石鹸の場合には、弱酸性の状態を保ちながらデリケートな皮膚を守ってくれる効果があります。

口コミ評価の高いデリケートゾーン専用の石鹸

デリケートゾーン専用の石鹸は、メーカーによっても配合されている成分に多少の違いはありますが、乾燥を防ぐ保湿成分やメラニン色素を抑える成分・臭いを抑える成分などが主に配合されています。そこで、口コミ評価の高いデリケートゾーン専用の石鹸をご紹介します。例えばシークレット・ジャムウソープ、ジャムウ・ハーバルソープ、アンボーテ・フェミニーナウォッシュ・ペアエンジェル・レディーハートなどは口コミ評価が特に高い石鹸です。これらの石鹸には、デリケートゾーンの黒ずみを抑えるジャムウという成分やローズヒップなどの成分が配合されています。そして臭いやかゆみを抑える成分には、アロエや甘草などが配合されています。さらに保湿成分なども配合されているので、一般の石鹸と比べてみてもその効果は歴然としています。

デリケートゾーンの黒ずみケアで口コミ人気の高い商品とは?

自宅で手軽に黒ずみを解消できる美白クリーム

近年、デリケートゾーンが黒ずむという問題は、多くの女性が抱えている問題といわれています。その代りデリケートゾーンといえば、誰にも見られたくない一番恥ずかしい部分でもあるので、気軽に悩みを打ち明けることさえできません。また近頃では、エステサロンや美容クリニックがどの街の駅前にもあるような時代なので、そうしたプロにお願いすることも可能です。しかしながら、何度も通わないといけないとか経済的な事情などから、自宅でこっそりとお金をかけずに解決したいと思っている方も多いのではないでしょうか。そんな方にお勧めなのが、自宅で手軽にできる美白クリームを使った解消方法です。そこで、ネット通販で最も口コミ人気の高い美白クリームをご紹介したいと思います。

脱毛サロンが開発したイビザクリーム

まずは、ブラジリアンワックス脱毛で有名な脱毛サロンが開発したといわれているイビザクリームです。この商品は、公式ホームページにアクセスしてみるとすぐにお分かりいただけるように、デリケートゾーンの黒ずみに特化した美白クリームなのです。おまけに数々の女性ファッション雑誌でも取り上げられた実績があるくらい、多くの女性には大人気の美白クリームなのです。そのため公式ホームページには、黒ずみが気にならなくなった!とか、海が大好きになった!といった口コミ評価が沢山掲載されています。ちなみに、皮膚が黒ずむという問題はデリケートゾーンだけの話ではありません。脇の下や乳首なども同様の悩みを抱えている人は沢山います。ところがこのイビザクリームの場合、デリケートゾーンに特化した美白クリームということなので相当効果が高いと推測することができます。デリケートゾーン専門ということは、恐らくこの商品が市場に流通するようになるまでには、相当な苦労があったに違いありません。ところでこの商品は、トラネキサム酸という美白成分とグリチルリチン酸2K という保湿成分が配合されている点が大きな特徴として挙げられます。それに、合成着色料や合成香料などの化学合成成分が一切含まれていないという点もこの商品の特徴といえます。とくにこうした添加物というのは、敏感肌の方にはいろんな副作用が伴う恐れがあります。そういう意味では、安心して使用することができるのではないでしょうか。イビザクリーム自体はチューブ式になっており、1個で約1か月半くらいは持つといいます。従って1個使い終わった頃には、使い始める前よりも黒ずみが薄くなっていることが実感できるのではないでしょうか。

ハーバルラビットとヴィエルホワイトも口コミ評価が高い

次にご紹介したいのは、ハーバルラビットという美白クリームです。この美白クリームも口コミ評価が随分と高い商品です。例えば、サラッとしていてベタ付かないけれども、保湿効果は相当高いという感想の方もいらっしゃいます。そして肝心のデリケートゾーンの黒ずみについても、徐々に薄くなったという方が多くいらっしゃいます。ところでこのハーバルラビットに含まれている成分ですが、水溶性プラセンタエキスといわれる美白成分でメラニン色素の生成を抑制してくれる働きがあるといわれています。またデリケートゾーンのケアには欠かせない保湿成分についても、プラセンタやグリチルリチン酸2K などの保湿成分が4種類も配合されています。それからヴィエルホワイトという美白ジェルも口コミ人気が高い商品です。このヴィエルホワイトの場合、クリームとは違ってジェルなのでベタ付きにくいという意見が、すでに使った方の口コミの中には数多くあります。また、単なる美白効果だけではなく、寝ている間に成長ホルモンを発生させてターンオーバーを促進する作用もあるといわれています。そのため黒ずみが解消された部分は、再発しずらくなるというのが大きな特徴として挙げられます。こうした美白クリームには、いずれの商品も美白成分と保湿成分が配合されているというのが、黒ずみを解消してくれる効果が高い要因といえます。要するに、美白と保湿のダブル効果というものです。

デリケートゾーンの黒ずみの解消には美白クリームがお勧め

黒ずみの発生源はメラニン色素

女性の方であれば、メラニン色素という言葉を耳にした方も多いと思います。このメラニン色素といえば、真っ先に思い浮かぶのが太陽光線を強く浴びると日焼けやシミができるといったことでしょうね。おまけに日焼けは、冬の季節になれば徐々に薄れてしまいますがシミはその後もズーッと残り続けます。従ってメラニン色素というのは、シミや皮膚が黒ずむ発生源ということもできるのではないでしょうか。こうした日焼けやシミも嫌ですが、乳首やデリケートゾーンの部分の黒ずみで悩んでいる方も多いといいます。ちなみに乳首やデリケートゾーンの黒ずみもメラニン色素が原因であるといわれています。そうはいっても、乳首やデリケートゾーンというのは太陽光線にさらされることもないし、どうしてその部分が黒ずむのだろうか?と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

メラニン色素の生成が活性化される原因

実は、太陽光線に含まれている紫外線を浴びなくても、メラニン色素が活発に生成される原因というものがあるのです。例えば下着による摩擦や圧迫などの刺激、あるいはターンオーバーの乱れなどでもメラニン色素が生成されやすくなるといいます。とくに近頃では、女性下着のほとんどが化学合成繊維でできています。それらの下着は汗を吸い取ってくれないので、汗をかいたままの状態でいると皮膚のかぶれや痒みなどの症状にも繋がります。おまけにその上から、ガードルやボディースーツなどをいつも着用しながら身体を締め付けている人は、デリケートゾーンが黒ずみやすくなってしまいます。確かに、化学合成繊維でできた下着というのは光沢があるので、見た目がきらびやかでおしゃれな印象を受けます。ところが、そうした素材の下着ばかりを着用していると、皮膚への刺激を防御しようとしてメラニン色素がどうしても過剰に生成されてしまう傾向にあります。そうしたことからもデリケートゾーンの黒ずみを予防するには、コットン素材など天然由来成分を使用した下着を着用するのが一番です。それにガードルやボディースーツなど、デリケートゾーンを締め付けるような下着もNGといえます。それからターンオーバーの乱れについても、デリケートゾーンの黒ずみに繋がると上述しました。このターンオーバーとは、お肌が生まれ変わる周期のことをいいます。要するに人間の皮膚細胞というのは、古い角質層が剥がれ落ちて常に新しい皮膚細胞へと生まれ変わるようになっています。この周期については人によっても多少の差はありますが、おおよそ28日の周期で生まれ変わるようになっています。ところが、生活習慣の乱れや加齢などでターンオーバーが乱れやすくなってしまうのです。もちろんそうなると、メラニン色素による色素沈着がいつまでも残ってしまうという恐れがあります。その他にも、ホルモンバランスの乱れなども黒ずみの原因となってしまいます。こうしたホルモンバランスの乱れというのは、睡眠不足やストレス・食生活の乱れ・運動不足などが原因となって発生しやすくなります。おまけにホルモンバランスが乱れると、自律神経のバランスも乱れやすくなるといわれています。とりわけ自律神経というのは、私たちが日常生活を送る上においてはとても大切な役目をしています。例えば自律神経が乱れてしまうと、血行が悪くなって冷え症気味になったり新陳代謝にも悪影響をしてしまいます。そして、新陳代謝が悪くなるとターンオーバーサイクルも乱れるので黒ずみの症状にも影響します。黒ずみどころか、様々な体調不良の原因ともなってしまうので恐ろしいのです。

デリケートゾーンの黒ずみには美白クリームが最適

ところで、デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法として、美白クリームがネット通販では大人気です。とくに美容クリニックが行っているようなレーザー光線を当てて黒ずみを取り除くといった施術が苦手な人、あるいは経済的な事情でそこまでは踏み切れないという方にはお勧めです。例えばネット通販で大人気のイビザクリームは、ブラジリアンワックスの脱毛サロンで有名なイビザワックスが開発した美白クリームです。おまけに、ハイドロキノンやトレチノインといった刺激性の強い美白成分が一切使用されていません。イビザクリームに使用されている美白成分は、トラネキサム酸なので皮膚への刺激も強くなく、肌荒れなどのリスクも少ないので誰でも安心して使用することができます。とくに、デリケートゾーンの黒ずみに使う美白クリームというのは、刺激性の強くないものを選ぶ必要があります。もちろんその他にも、ディープクリアジェルやヴィナピエラなど、デリケートゾーン専用の美白クリームはいろんなメーカーから販売されています。こうしたネットで大人気の美白クリームは、トラネキサム酸のような美白成分と同時に保湿成分が配合されているのが大きな特徴として挙げられます。ところで、どうして美白クリームには保湿成分も含まれているのかご存知ですか。それは、皮膚が乾燥してしまうと皮膚細胞同士のバリア構造が弱くなってしまい、ダメージを受けやすくなるのです。おまけにダメージを受けると、それに対抗しようとしてメラニン色素の生成も活性化してしまうのです。それに、デリケートゾーンの皮膚は、角質層が薄いので保湿効果も弱いのです。そうしたことからも、美白クリームに美白成分と保湿成分が配合されているというのはとても理にかなっているのです。