デリケートゾーンの黒ずみの解消には美白クリームがお勧め

黒ずみの発生源はメラニン色素

女性の方であれば、メラニン色素という言葉を耳にした方も多いと思います。このメラニン色素といえば、真っ先に思い浮かぶのが太陽光線を強く浴びると日焼けやシミができるといったことでしょうね。おまけに日焼けは、冬の季節になれば徐々に薄れてしまいますがシミはその後もズーッと残り続けます。従ってメラニン色素というのは、シミや皮膚が黒ずむ発生源ということもできるのではないでしょうか。こうした日焼けやシミも嫌ですが、乳首やデリケートゾーンの部分の黒ずみで悩んでいる方も多いといいます。ちなみに乳首やデリケートゾーンの黒ずみもメラニン色素が原因であるといわれています。そうはいっても、乳首やデリケートゾーンというのは太陽光線にさらされることもないし、どうしてその部分が黒ずむのだろうか?と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

メラニン色素の生成が活性化される原因

実は、太陽光線に含まれている紫外線を浴びなくても、メラニン色素が活発に生成される原因というものがあるのです。例えば下着による摩擦や圧迫などの刺激、あるいはターンオーバーの乱れなどでもメラニン色素が生成されやすくなるといいます。とくに近頃では、女性下着のほとんどが化学合成繊維でできています。それらの下着は汗を吸い取ってくれないので、汗をかいたままの状態でいると皮膚のかぶれや痒みなどの症状にも繋がります。おまけにその上から、ガードルやボディースーツなどをいつも着用しながら身体を締め付けている人は、デリケートゾーンが黒ずみやすくなってしまいます。確かに、化学合成繊維でできた下着というのは光沢があるので、見た目がきらびやかでおしゃれな印象を受けます。ところが、そうした素材の下着ばかりを着用していると、皮膚への刺激を防御しようとしてメラニン色素がどうしても過剰に生成されてしまう傾向にあります。そうしたことからもデリケートゾーンの黒ずみを予防するには、コットン素材など天然由来成分を使用した下着を着用するのが一番です。それにガードルやボディースーツなど、デリケートゾーンを締め付けるような下着もNGといえます。それからターンオーバーの乱れについても、デリケートゾーンの黒ずみに繋がると上述しました。このターンオーバーとは、お肌が生まれ変わる周期のことをいいます。要するに人間の皮膚細胞というのは、古い角質層が剥がれ落ちて常に新しい皮膚細胞へと生まれ変わるようになっています。この周期については人によっても多少の差はありますが、おおよそ28日の周期で生まれ変わるようになっています。ところが、生活習慣の乱れや加齢などでターンオーバーが乱れやすくなってしまうのです。もちろんそうなると、メラニン色素による色素沈着がいつまでも残ってしまうという恐れがあります。その他にも、ホルモンバランスの乱れなども黒ずみの原因となってしまいます。こうしたホルモンバランスの乱れというのは、睡眠不足やストレス・食生活の乱れ・運動不足などが原因となって発生しやすくなります。おまけにホルモンバランスが乱れると、自律神経のバランスも乱れやすくなるといわれています。とりわけ自律神経というのは、私たちが日常生活を送る上においてはとても大切な役目をしています。例えば自律神経が乱れてしまうと、血行が悪くなって冷え症気味になったり新陳代謝にも悪影響をしてしまいます。そして、新陳代謝が悪くなるとターンオーバーサイクルも乱れるので黒ずみの症状にも影響します。黒ずみどころか、様々な体調不良の原因ともなってしまうので恐ろしいのです。

デリケートゾーンの黒ずみには美白クリームが最適

ところで、デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法として、美白クリームがネット通販では大人気です。とくに美容クリニックが行っているようなレーザー光線を当てて黒ずみを取り除くといった施術が苦手な人、あるいは経済的な事情でそこまでは踏み切れないという方にはお勧めです。例えばネット通販で大人気のイビザクリームは、ブラジリアンワックスの脱毛サロンで有名なイビザワックスが開発した美白クリームです。おまけに、ハイドロキノンやトレチノインといった刺激性の強い美白成分が一切使用されていません。イビザクリームに使用されている美白成分は、トラネキサム酸なので皮膚への刺激も強くなく、肌荒れなどのリスクも少ないので誰でも安心して使用することができます。とくに、デリケートゾーンの黒ずみに使う美白クリームというのは、刺激性の強くないものを選ぶ必要があります。もちろんその他にも、ディープクリアジェルやヴィナピエラなど、デリケートゾーン専用の美白クリームはいろんなメーカーから販売されています。こうしたネットで大人気の美白クリームは、トラネキサム酸のような美白成分と同時に保湿成分が配合されているのが大きな特徴として挙げられます。ところで、どうして美白クリームには保湿成分も含まれているのかご存知ですか。それは、皮膚が乾燥してしまうと皮膚細胞同士のバリア構造が弱くなってしまい、ダメージを受けやすくなるのです。おまけにダメージを受けると、それに対抗しようとしてメラニン色素の生成も活性化してしまうのです。それに、デリケートゾーンの皮膚は、角質層が薄いので保湿効果も弱いのです。そうしたことからも、美白クリームに美白成分と保湿成分が配合されているというのはとても理にかなっているのです。