クリニックのデリケートゾーンの黒ずみ治療には2通りある

塗り薬による治療方法

クリニックでデリケートゾーンの黒ずみを治療してもらうと、ハイドロキノンと呼ばれる美白効果の高い薬を処方されることがあります。とくにクリニックで処方される濃度が5%以上のハイドロキノンは、刺激性が強い成分でもあるので副作用などの注意が必要です。ちなみに、市販薬の中にもハイドロキノンが配合された美白クリームはありますが、厚生労働省が定めている薬事法によって4%以下と限定されています。しかもハイドロキノンの副作用については、塗った箇所が赤くかぶれたり白斑などの症状があるといわれています。とくにデリケートゾーンは、身体の中でも角質層が最も薄い部分といわれており、例えクリニックから処方された薬であっても注意が必要です。ところでデリケートゾーンにはVラインとIライン・Oラインとがありますが、Iラインは膣や尿道口など身体の内部に繋がる部分があるので、刺激性の強いハイドロキノンは使用しないほうがよいといわれています。それに、ネット通販などではハイドロキノンよりも刺激の少ない美白商品が数多く販売されています。こうした美白商品には、ハイドロキノンに代わる美白成分・トラネキサム酸や保湿成分・ヒアルロン酸ナトリウムなどが使われています。こうした成分はどれもハイドロキノンのような副作用の心配は要りません。その代わり医薬部外品でもあるので、美白効果に関しては口コミ評価も高い商品が数多くあります。

レーザー光線を照射する治療方法

クリニックには、塗り薬以外にもレーザー光線を照射してデリケートゾーンの黒ずみを解消するという治療方法があります。このレーザー光線を照射して黒ずみを解消するという治療方法の大まかな仕組みですが、レーザー光線が皮膚の深い部分にまで浸透して、黒ずみの原因ともなっているメラニン色素を破壊してくれます。こうしてレーザー光線によって破壊されたメラニン色素は、ターンオーバーによって皮膚の表面まで浮き出てやがて剥がれ落ちるようになっています。その代り、1回のレーザー治療でメラニン色素が破壊されるということはまずあり得ません。そのため、レーザー光線の治療を複数回繰り返し受けることによって、黒ずみを薄くしていくというのがレーザー光線による治療コースとなっています。ただしこうしたレーザー治療を受けると、その後半永久的にデリケートゾーンが黒ずまなくなるのかといえばそうではありません。やはりレーザー治療というのは、すでに発生してしまった黒ずみを解消するものであって予防する治療方法ではありません。そうなると、今後下着による締め付けや摩擦あるいはアンダーラインの処理などによる刺激が加わると、再びデリケートゾーンが黒ずんでしまうという可能性があります。そういう意味では、今後デリケートゾーンが黒ずまないようにケアをしていくということも大切です。

レーザー治療の種類

レーザー治療には、メドライトC6と呼ばれる最新医療レーザー機器を使ったレーザートーニングという治療方法とインティマレーザーと呼ばれる最新医療レーザー機器を使った治療方法の2通りがあります。いずれの治療方法にもそれぞれ特徴がありますが、大きな特徴を挙げてみると例えばレーザートーニングの場合には麻酔をしません。その代り、輪ゴムをパチンと皮膚に当てたような瞬間的な痛みは発生します。一方、インティマレーザーの場合には、麻酔クリームをあらかじめ塗っておいて、そこにレーザー光線を照射しながら皮膚の角質を削り取っていくという治療方法になります。またその効果については、レーザートーニングはデリケートゾーンの黒ずみを解消するという程度に過ぎません。そしてインティマレーザーの場合には、デリケートゾーンの黒ずみを解消するというだけでなく、尿漏れや膣壁の緩みを解消したりすることも可能です。どちらも大変効果の高い治療方法なので、希望される用途に応じて使い分けるということがよろしいかと思います。