デリケートゾーンの黒ずみを解消してくれる栄養素とは

正しい食事方法が黒ずみ予防に繋がる

デリケートゾーンの黒ずみには、美白クリームを塗ってメラニン色素を薄めるという方法やレーザー光線を照射してメラノサイトを減らすという解消方法が挙げられます。その代り、例えそれらの方法でデリケートゾーンの黒ずみが解消できたとはいっても、今後も再び発生しないとは限りません。例えば下着による締め付けや摩擦、あるいはアンダーヘアーの処理による刺激などが度重なると、再びデリケートゾーンは黒ずんでしまいます。ただし、そうしたデリケートゾーンの黒ずみ以外にも見逃してはいけない予防方法というのがあります。それは、正しい食事方法によるデリケートソーンの黒ずみ予防です。それでは、どうして食事によってデリケートゾーンの黒ずみが予防できるのでしょうか。それには、ターンオーバーの仕組みが絡んでいるのです。例えば、ターンオーバーサイクルが乱れると、皮膚の黒ずみの原因でもあるメラニン色素が垢としてうまく排出されないという問題が発生します。そのためターンオーバーサイクルを常に正常に保つということも大切なのです。そのターンオーバーサイクルを正常に保つための一つの方法として、正しい食事というのが挙げられます。

ターンオーバーサイクルを正常に保つのに重要なタンパク質

そこで、具体的にどのような食べ物というか栄養素がターンオーバーサイクルを正常に保つのに効果があるのかということについてご紹介いたします。それには、まずはタンパク質を十分に取ることが大切です。とくにタンパク質は、脂肪・炭水化物と並んで三大栄養素にも入っている重要な栄養素です。おまけに、骨や筋肉・内蔵など人間の重要な身体のパーツは、全てタンパク質でできています。それに皮膚細胞はタンパク質でできているので、皮膚細胞のターンオーバーサイクルにも当然のことながら大きな影響をもたらす成分でもあるといえます。もっと具体的に申しますと、タンパク質が不足してしまうとターンオーバーサイクルが乱れてしまうという結果に繋がります。ちなみにタンパク質には、動物性タンパク質と植物性タンパク質とがあります。例えば動物性タンパク質の代表的なものには肉類や魚介類が挙げられます。一方、植物性タンパク質には大豆などの豆類やジャガイモなどのイモ類が挙げられます。

タンパク質以外にビタミン類も重要

さらに、タンパク質以外にビタミン類も重要です。その中でもとくに、ビタミンCとビタミンAは重要です。もう少し具体的に説明をすると、ビタミンCは私たちの皮膚が酸化しないように、皮膚の新陳代謝を促す働きがあります。おまけに、美肌に欠かせないコラーゲンの生成も促してくれます。それからビタミンAについても、ターンオーバーサイクルを正常に保つ働きや美肌効果があります。それらビタミンCとビタミンAという栄養素を多く含んだ食べ物としては、ブロッコリーや赤ピーマン、ニンジンやカボチャなどが挙げられます。デリケートゾーンの黒ずみを予防する栄養素として、ビタミン類についてはビタミンAとビタミンCだけではありません。さらには、ビタミンE・ビタミンB2・ビタミンB6も大切です。例えばビタミンEは、別名では若返りのビタミンとも呼ばれています。要するに、抗酸化作用が高いので皮膚細胞がサビつくのを防いでくれる働きがあるのです。従って、ビタミンCと同様の効果が期待できるということになります。またビタミンB2は、健康な新しい細胞を作るのには欠かせない栄養素です。ということは、ターンオーバーサイクルが正常に機能するように助けてくれるという役目があるということです。それからビタミンB6は、タンパク質の代謝に必要不可欠な補助酵素の役目があります。そしてこうしたビタミン類は、野菜に多く含まれているので野菜嫌いの方は要注意です。その他にも、ミネラル成分の亜鉛もターンオーバーの正常化や活性化には大切な栄養素といえます。こうしたターンオーバーサイクルに直接影響する栄養素をご紹介しましたが、ここでご紹介していない栄養素の中にも重要な栄養素は沢山あります。そのため、偏食をせずに万遍なく様々な栄養素を取るということがポイントといえます。