デリケートゾーンの黒ずみには口コミで人気の高い石鹸がお勧め

かゆみや黒ずみなどトラブルが多いデリケートゾーン

女性のデリケートゾーンというのは、男性とは違って何かとトラブルが起きやすい部分でもあります。とくに夏の季節になると、汗だけではなく補正下着やパンストなどでも蒸れやすくなっています。そうなると、デリケートゾーンの皮膚がかぶれたり、酷い時にはカンジタ症になってしまう場合もあります。ちなみにカンジタ症というのは、性病ではありません。酵母カビの一種で、風邪やストレス・寝不足や過労などでよく発生しやすい症状です。それから生理の時などは、生理用ナプキンや生理用下着などで蒸れやすく敏感になっています。ただし、かゆいからといって指の腹や爪でガリガリとかいてしまうと、皮膚が傷付いて炎症を起す恐れがあります。そうしたかきすぎによる炎症というのは、足や手などを蚊にさされてかゆいからといってかいた時には誰もがよく経験することです。とりわけデリケートゾーンというのは、身体のどこの部分よりも皮膚の角質層が薄くなっています。そのため、かゆいからといってついかきすぎてしまうと、炎症だけでなくメラニン色素が過剰に分泌されるということにもなりかねません。こうしたメラニン色素が過剰に分泌されると、皮膚が黒ずんでしまうといわれています。

デリケートゾーン専用の石鹸と一般の石鹸との違い

夏の季節のデリケートゾーンは、汗で蒸れやすくなったりカンジタ症になりやすいので清潔にしておく必要があります。そこで、お風呂に入った際にデリケートゾーンを洗う石鹸についてですが、一般の石鹸よりもデリケートゾーン専用の石鹸を使うようにするのがよりベターです。それでは、デリケートゾーン専用の石鹸と一般の石鹸との違いは何だと思いますか。それは、弱酸性とアルカリ性の違いです。普通、顔や身体を洗う石鹸はアルカリ性なのですが、デリケートゾーンを洗う石鹸は弱酸性がよいとされています。それは何故なのかと申しますと、デリケートゾーンは尿やオリモノなどが出てくる部分なので、常にアルカリ性の状態になっています。その状態の上、さらにアルカリ性の石鹸を使ってしまうと、膣周辺に常駐している常在菌を洗い落してしまうことに繋がってしまいます。ちなみに膣周辺や膣内部にいる常在菌は、ばい菌が侵入しないように守ってくれている良い菌なのです。とくに表皮ブドウ菌は、常在菌を代表するものとして有名です。しかも人間の身体というのは、とても不思議なところがあるのです。皮膚の怪我をしてもターミネーターのように元に回復するような仕組みになっています。あるいは、膣の中にも自浄作用というものがあるので、例え常在菌が常駐していても清潔さを保つことができるようになっているのです。従って、そんな良い菌をアルカリ性の石鹸で洗い流してしまうと、デリケートゾーンの臭いが強くなってしまったり、肌への負担がよりかかってしまい黒ずみの原因にもなります。そうしたことから、デリケートゾーン専用の石鹸がお勧めです。とくにデリケートゾーン専用の石鹸の場合には、弱酸性の状態を保ちながらデリケートな皮膚を守ってくれる効果があります。

口コミ評価の高いデリケートゾーン専用の石鹸

デリケートゾーン専用の石鹸は、メーカーによっても配合されている成分に多少の違いはありますが、乾燥を防ぐ保湿成分やメラニン色素を抑える成分・臭いを抑える成分などが主に配合されています。そこで、口コミ評価の高いデリケートゾーン専用の石鹸をご紹介します。例えばシークレット・ジャムウソープ、ジャムウ・ハーバルソープ、アンボーテ・フェミニーナウォッシュ・ペアエンジェル・レディーハートなどは口コミ評価が特に高い石鹸です。これらの石鹸には、デリケートゾーンの黒ずみを抑えるジャムウという成分やローズヒップなどの成分が配合されています。そして臭いやかゆみを抑える成分には、アロエや甘草などが配合されています。さらに保湿成分なども配合されているので、一般の石鹸と比べてみてもその効果は歴然としています。